2011年6月23日 (木)

本戦ドロー発表!

炎の予選大会も様々な波乱や
悲喜こもごもなんかもありつつ無事(?)終了。

観戦に来て下さった皆様、ありがとうございました。
予想を超える多くのご来場で、
駐車場がすぐにいっぱいになってしまったりと、
不手際もありましたことをお詫び申し上げます。

ということで、スナップ。

Dsc_0172552247

Dsc_0196

Dsc_0189

Dsc_0207

Dsc_021422568

Dsc_0224

Dsc_0184

Dsc_0178555687

Dsc_0180223011

Dsc_0222559872

アップセットあり、大逆転ありの予選を勝ち抜いた選手たちが
本戦ドロー抽選会に挑んだ。

Dsc_02502256

相手が誰になるかはとても大事。
皆、ドキドキです。


本戦ドロー発表!

Asc2011singlesmaindraw

Asc2011doublesmaindraw

いやいや、面白そうな対戦ばかり。
これから、対戦相手を想定しつつの練習が始まるはず。

本戦大会は8月20日です。
ご期待ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

選手紹介 ~予選対戦順~

いよいよ来週月曜に迫った炎の予選大会。

前回紹介の本戦ストレートインが決まっている選手たちは
余裕で高みの見物だが、予選を戦う選手たちは必死。
ここで負ければ、当日、試合は無い。
さながら、アメリカ横断ウルトラクイズのようである。(ちと古い)

ということで、予選の対戦順にご紹介。

差しさわりがあるので、対戦へのコメントは避けておきます。(いちおう)



シングルス

Tamura
              VS
Abe






Tsutsumi_2
              VS
Tsukada






Asahi
              VS
Matsumoto






Yamakawa
            VS
Tomitsuka_2







Hayashi
           VS
Yoshioka






Hayakeyama
           VS
Inaba

以上がシングルスの顔合わせ。
どれもこれも面白い。
いやぁ、コメントしたいな。
でもガマンガマン。






ダブルス

ブロックシード
Nagasawa

Orihara


1回戦
Wada

Numata

            VS

Abe_2

Tsutsumi_3






ブロックシード
Koizumi

Kotouda




1回戦
Tomita

Kumagai

          VS

Yamakawa_2

Yoshioka_2





ブロックシード
Horikawa

Iwasaki




1回戦
Toda

Inagawa

           VS

Hayakeyama_2

Yahata



1回戦
Tsukada_2

Matsumoto_2

          VS

Araki

Machida






1回戦
Masuda

Koyama

       VS

Yokoo

Yamamoto


以上がダブルスの組み合わせ。

今更ながら、プレッシャーの掛かる戦いである。
とにかく生き残りを掛けて、皆、頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

出場選手紹介~ダブルスストレートイン~

いよいよ来週に迫った、AllstarClassic2011炎の予選大会。

集合写真のポスターは先に掲載したとおりだが、
個別のカードが出来たので、ご紹介。

早くしないと、予選落ちの選手は紹介のしようが
なくなってしまうという厳しい状況なもので・・・

種目はシングルスとダブルスがあるが、
ひとまず、ダブルスのペア単位でご紹介したい。

まずは、本戦ストレートインのペアからご紹介。




第1シード 糸井・田村(本戦ストレートイン)


Itoi_2
(シングルス:本戦ストレートイン)

頼んでいないのに、毎回のように全力の変顔。

この表情からは想像がつかないような、
洗練されたプレーが特徴。

フォアハンドスライスでスルスルとネットについてみたり、
突然、バックハンドをダウンザラインに叩いてみたりと、
見ていても面白い。
Ken’sのガエル・モンフィスなのだ。



Tamura
(シングルス:予選から)

糸井コーチとの蜜月関係は今年も健在。
田村コーチが結石で入院の間も、
毎日のように糸井コーチが見舞いに来ていたらしい。

入院というブランクから、どこまで立ち直っているかに注目。
ゆったり大きなスイングアークから放たれる鋭いバックハンドと、
あまりスピンの掛かっていないスピン(?)サービスが武器。

第1シードのプレッシャーに耐え切れるか?!



第2シード 澤村・冨塚 (本戦ストレートイン)

Sawamura
(シングルス:本戦ストレートイン)

徐々に中堅~ベテランに足を踏み入れつつあるも
変わらぬ実力で上位に君臨する。

レッスンも熱いが、試合も熱い。
負けず嫌いがウェアを着ているような澤村コーチ。
身体能力と負けん気だけかと思いきや、
非常に繊細なプレー分析をする。

もういい加減に優勝しないとと、
今年はさらにペアへのプレッシャーがキツくなっている。
気合じゅうぶんの澤村コーチだ。


Tomitsuka
(シングルス:予選から)

何故に毎年、ここにいるのかがよく分からない方も多い。
実は本人もよく分かっていないらしい。

毎年のように練習不足に悩むが、今年は震災の影響もあり、
超ド級の練習不足・・・というより皆無。
もう開き直るしかない状態に追い込まれている。

ちなみに、シングルスをちゃんとプレーするのは数年ぶり。
(もはや、何年ぶりかも定かではないらしい)


第3シード 前田・旭 (本戦ストレートイン)

Maeda

AllstarClassic複数回の優勝を誇る前田コーチ。
昨年は準決勝で、澤村・冨塚に紙一重で敗れた。

一時、肩を痛めて戦線離脱をしたが、
まったくその影響を感じないほどに回復した。

何故かシングルスにエントリーしていないのは、
ダブルスにすべてを掛けるという気合の表れだろうか。

いったん乗せてしまうと、まったく手に負えなくなる
すごいポテンシャルの持ち主。


Asahi
(シングルス:予選から)

ベテラン選手権にも出場する、戦い続ける男、旭コーチ。
今年も「やったるで~!」と気合じゅうぶんだとか。

類稀なる手首の強さとしなやかさで、
強打、軟打と変化自在にボールを操る。
フットワークも横着に見えるのに、
しっかりボールに追いついているという
不思議なテニスをする。

フォームもキレイなので、お手本にしたい選手の筆頭。





第4シード 岩本・大倉 (本戦ストレートイン)

Iwamoto
(シングルス:本戦ストレートイン)

昨年のAllstarClassicは単複制覇。
Ken’s No1プレーヤーである。

現在、JOP大会にも挑戦中。
もう少しで全日本選手権に手が届きそうなところまで来た。
(のだが、なかなか届かない・・・)

写真ではこんなだが、テニスへの取り組み姿勢は超真面目。
レッスン&練習で完全燃焼の毎日である。

弁当+カップラーメン(大盛り)が主食である。


Ohkura
(シングルス:本戦ストレートイン)

Ken’s No1の練習量を誇る大倉コーチ。
練習前には走りこみ、練習後もトレーニングと
何かにとり憑かれたように自分を追い込んでいる。

その甲斐あってか、実力も急上昇。
岩本コーチとペアを組むまでになった。

昨年とパートナーを変えたので第4シードだが、
実はかなり優勝に近いところにいるという噂もある。





稲葉・渡辺 (本戦ストレートイン)

Inaba
(シングルス:予選から)

プレースタイルがライジングと言い切る稲葉コーチ。
その通り、ボールセンスは半端じゃなく良い。

「ボールセンスだけは澤村コーチよりも上じゃない?」と言うと、
「澤村さんに殴られるので、それは言わないでください」とのこと。
どうやら、この世でいちばん怖いものは、
大学の先輩でもある澤村コーチのようだ。

ヘタに速いボールを打とうものなら、
倍くらいのスピードボールを打ってくるので注意が必要。

テニスをしていても、していなくても、
口が半開きのことが多いのはご愛嬌である。(注目点)


Watanabe
(シングルス:本戦ストレートイン)

昨年の覇者。
堂々の実力者である。

大きな体&ニコニコしながら、暴力的なショットを打つという
アンバランスさが特徴的。
身長があるので、高いところから打ち下ろされる
スピンサービスは半端無く跳ねる。

ハーフボレーやローボレーなども上手く、
器用さも武器のひとつである。

実業団や現在挑戦中のベテラン選手権など
試合経験が勝負強さのヒミツなのか。

このペアにシードがついていないため、
ドローのどこに来るかが分からず、皆、困っている。




以上が本戦ストレートイン選手。

しかし予選も混戦模様なので、
誰も安心出来ないのがAllstarClassic。

次回は全選手をご紹介予定です。
お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«炎の予選大会 出場選手発表!